エアウィーヴとモットン比較!2つの人気高反発マットレスはどう違う?

モットンエアウィーヴ

 

ここでは、高反発マットレスの中でも特に人気のある2商品、「エアウィーヴ」と「モットン」を比較してみようと思います。

 

マットレスと言えばエアウィーヴを思い浮かべる方もいるくらい、エアウィーヴの知名度はとにかく高いですよね^^

 

プロスケーターの浅田真央さんや、最近では好感度抜群のタレント渡辺直美さんを広告塔に起用してテレビCMなどでエアウィーヴが大量に配信されているからですね。

 

一方のモットンは知名度こそ多少劣りますが、人気度やユーザー満足度では高い評価をされている人気高反発マットレスです。

 

ですからマットレスのモットンを購入しようとしている方の中には、エアウィーヴと比較してみて、どんな点が違うのかを知りたいという方も多いです。

 

ここでは、大きく3点に分けてエアウィーヴとモットンの違いを紹介します。

 

エアウィーヴとモットンは価格が全く異なります。

 

まず、この2つのマットレスは価格帯が全く違います。

 

価格比較(税込) シングル セミダブル ダブル
エアウィーヴ 107,309円 128,304円 150,466円
モットン 39,800円 49,800円 59,800円

 

シングルサイズだと、エアウィーヴは最安値のスタンダードモデルだと64,800円(税込)のものがありますが、どうせエアウィーヴを購入するんだったら、腰の部分を強化したモデル「エアウィーヴS-LINE」を購入した方が良いでしょうから、それだとシングルサイズで107,309円(税込)かかります。

 

ダブルサイズだとエアウィーヴは150,466円(税込)もかかります。

 

一方のモットンのマットレスは、公式サイトでの割引を適用すると、シングルサイズで39,800円(税込)、ダブルサイズでも59,800円(税込)です。

 

もはや、エアウィーヴとモットンでは価格に3倍ほどの開きがあるわけですね(^-^;

 

マットレスの素材が異なるエアウィーヴとモットン

 

次の2つの人気マットレスの相違点は「素材」です。

 

共に高反発マットレスなのは同じなのですが、エアウィーヴはairfiberと呼ばれる復元性が高い高反発素材のものを使用しています。

 

一方のモットンは高反発ウレタンフォームです。

 

これがairfiber↓

 

エアウィーヴ素材

 

これがウレタンフォーム↓

 

モットン素材

 

それぞれ、硬いしらたき(食べ物のアレです)みたいなものと、反発力のあるスポンジを想像すれば分かりやすいですかね(^-^;

 

あとは、airfiberの方は中身を取り出して水洗いする事ができるという点もモットンの高反発ウレタンフォームとは異なりますね。

 

店舗や販売代理店のあるエアウィーヴと、オンライン公式ショップだけのモットン

 

マットレスの売り方も両者では大きく異なります。

 

エアウィーヴはテレビCMをはじめとした広告宣伝をどんどん行い、全国の寝具店、百貨店、大型スーパーなどに代理店になってもらって、いたるところに店舗を構えて販売網を広げています。

 

一方のモットンは実店舗は1つもなく、オンラインでの公式ショップが1つあるだけです。

 

モットンは元プロ野球選手の山本昌さんこそメインキャラクターに推薦しているとは言え、派手な広告宣伝なども行わず、口コミや紹介メインで販売数を伸ばしています。


モットンとエアウィーヴは両方とも優れた高反発マットレスで快眠効果を得られます。

モットンとエアウィーヴを比較したときに、どちらが良いという事に関しては結論は出ないと思います。

 

どちらも良い高反発マットレスですし、たくさんのユザーがいるという事実があります。

 

低反発マットレスであれば「寝返りが阻害される」という決定的なデメリットがあるのですが、モットンエアウィーヴ共に高反発マットレスです。

 

高反発マットレスを使用すると睡眠中の寝返りをサポートして貰えて、血液やリンパ液などを体中にうまく循環させる事ができますし、自分の体重によって腰などの身体の一部が圧迫されることもなくなります。

 

ですから、快適な睡眠環境を手に入れるという点で言えば、モットン・エアウィーヴ共に良い商品だと言えるでしょう(*^^*)

 

あるのは、「ブランド」の差による価格差だけでしょう。

 

モットンが安いから商品が悪いという事は決してありませんから、マットレスのブランドなんて気にしないという方は私達夫婦のようにモットンを購入すると、マットレス選びでは失敗しないでしょう。

 

TOPへ